森永太一郎物語

森永太一郎物語


(再生時間 13分13秒)

森永エンゼル財団は1991年に森永製菓株式会社によって設立されました。

森永製菓の創業者森永太一郎は、1865年(慶応元年)、佐賀県伊万里で陶器問屋の家に生まれました。叔父の手ほどきにより陶器商になりましたが、24歳の時にサンフランシスコに渡り、天職としての製菓業と巡り合います。

まだ日本の食糧事情が良好ではなかった時代、「栄養のあるおいしいお菓子を日本の子どもたちに食べてもらいたい」という強い想いで11年もの間、異国の地で修業し、1899年(明治32年)帰国、東京の赤坂溜池にわずか2坪の『森永西洋菓子製造所』を開業しました。

「世界の人々の豊かで安全な食生活の実現と健康の増進に貢献できる企業になる」という創業の精神は今も脈々と受け継がれています。

コンテンツ名 森永太一郎物語
収録日  
講師  

制作・著作 一般財団法人森永エンゼル財団

pagetop